COMING TO BLIGHTY! ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

英国嫌いのイギリス人夫と配偶者ビザを取得しイギリスへ移住しました。外国人として世界一物価の高い国で生き抜いていく術を綴っていきます。

イギリス配偶者ビザ申請 (June, 2018)にかかった費用

f:id:uk-iju-osakakko:20181108003149j:plain

世界一厳しいと言われているイギリスの配偶者ビザ。その申請料や申請のためにかかる諸費用も年々上がってきています。今年の12月から長期滞在ビザ申請者に対してIHS (Immigration health surcharge) が今の倍の値段になる見通し、とのニュースが先月GOV.UKウェブサイトで発表されました。2018年6月申請時点でかかった費用を洗い出してみます。

2015年と比べると567ポンドも値上がりしたSettlementビザ申請料! 

今更言っても仕方ないことですが、2016年から2017年にかけて過去最大級にイギリス配偶者ビザ申請料が値上がりしました。(269ポンド増!約40,000円)2017年→2018年の値上げが59ポンドということを考えると、その時々の移民の動向によって申請料も変化しているのでしょうか。(値上げは毎年4月に行われているようです)2年半後のビザ更新に、その後にやってくる永住権申請。。まだまだお金がかかりそうです。。下記、ビザ申請にかかった費用です。

 

  • IELTS Life Skills A1 の受験料:29,320円
  • 上記テスト受験のための交通費:20,580円(新幹線往復)
    → 実家が大阪なので帰省も兼ねれたことがせめてもの救い。
  • 旦那のBirth Certificate取得にかかった費用:9.25ポンド(約1,400円)
  • パスポートの更新費用:16,000円
    → ちょうどパスポートの期限がきてしまいました。。大抵の人は不要な費用です。
  • 戸籍謄本の取得:450円
  • 戸籍謄本の翻訳代(翻訳証明込み):3,240円
    → 英語のコンビニエントサービスくまざささんにお願いしました!
  • 銀行取引明細書と預金通帳2冊の翻訳代(翻訳証明込み):31,600円
    → トランスゲートさんにお願いしました!
  • 新生銀行の英語残高証明書発行手数料:1,080円
  • 大阪ビザセンター訪問のための交通費:20,580円(新幹線往復)
  • ビザ申請料(大阪ビザセンターの使用料込み):243,012円
  • Immigration Health Surcharge:92,400円
  • 優先ビザサービス料:87,121円
  • ビザ郵送サービス料:1,580円
  • イギリスへの書類送付代(郵便局EMS):約2,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ざっとこんなもんでしょうか!? 総合計:550,360円 な〜り〜〜

ポンドが比較的弱いレートでこれですから、、驚愕!!です。。

お金がない=イギリスには帰ってくるなというメッセージにも聞こえます。。悲しいかな現実は厳しい。。逆にこれだけお金かかってるんだから、ちゃんとイギリスに落ち着いて生活していかなければ!とやる気も出ます。2年半後のビザ更新料を支払えるよう、早めの準備が必要です!

 

長期滞在ビザ申請者のIHSが今年の12月から倍に!

冒頭でさらっと紹介しましたが、先月の10月11日に、今年の12月より長期滞在ビザ申請者のIHS(Immigration Health Surcharge)が現在の£200から£400に値上げになる見通し、というニュースがアップされました。

www.gov.uk

 

来年からと思っていたので、思ったよりも早くてびっくりです!注目ポイントは、この値上げ、Non-EU nationalsのみへ向けたもの、ということ。Brexit後はEU nationalsへもチャージされるのでしょうか??Brexitについては賛否両論でセンシティブな話題なので、どちらを支持するかという問題は置いておきます。ただ、イギリス人と結婚しイギリスに家族がいるというのにビザの条件が厳しくなかなか母国に帰れないでいるカップル(もちろんイギリス人とNon-EU nationals)を見てきた、イギリス人妻の立場からすると、、イギリス人の家族としてイギリスに来ている、または来ようとしている人たちが"Non-EU移民"としてザックリ扱われるのはどうなん!??と思ってしまうわけです。心狭い??でもね、自分のエゴで勝手にやって来て住んでるわけじゃないんですよ。みんな!家族やねん、家族!笑 封印していた関西弁が出てきましたが、さすがにお金が絡むとシビアになるのが人間の性。Brexitに関しては私自身もっと勉強が必要だなと思っているので、色々な意見を客観的に理解しながら今後の行方を見守りたいと思います⭐︎