COMING TO BLIGHTY! ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

英国嫌いのイギリス人夫と配偶者ビザを取得しイギリスへ移住しました。外国人として世界一物価の高い国で生き抜いていく術を綴っていきます。

イギリスの鉄道を格安で利用する方法!

f:id:uk-iju-osakakko:20181106015611j:plain

10月のこと(もう一ヶ月も前!)。旦那の甥っ子がハーフタームということで、ケントに住む義姉のところへ3泊4日で行くことになりました。義両親が使っている車を奪うわけにも行かず、ミッドランドからロンドンを通ってケントまで電車で行くことに。料金を検索してみると、2人で往復約112ポンド!(16,000円くらいでしょうか)新幹線でもないのにこの高さ。。格安でいける方法がないか調べてみました!

 鉄道を常に33%オフで利用できるレイルカード

イギリスの鉄道は1994年に国鉄民営化されていて、ATOC(列車運行会社協会)に加盟する運航会社は、統一ブランドであるナショナルレール(National Rail)を用いて列車を運行し、運賃制度の共通化が行われているそうです。それで色んな路線・名前・列車があるにも関わらず、全てNational Railのウェブサイトで検索でき、料金も統一されてるわけですね〜納得。さて、そんなNational Railのウェブサイトで見つけたのが、レイルカードRailcardです。駅でもパンフレットを置いて案内しています。簡単にいうと、ディスカウントを受けることができるカードの事で、年間30ポンドの料金がかかります。レイルカードを頻繁に利用すれば、簡単に元が取れるのでかなりオススメです!

それぞれに条件があるのですが、レイルカードの種類はこちらです↓↓↓ 

  • 16-25 Railcard 16歳〜25歳の人が利用可
  • Two Together Railcard 年齢制限に関係なく登録した2名一緒に移動する時利用可
  • Family&Friends Railcard 子供連れで移動する場合に利用可
  • Senior Railcard 60歳以上の人が利用可
  • Disabled Persons Railcard 障害者が利用可
  • Network Railcard ロンドン近郊の決められたエリアでのみ利用可
  • 26-30 Railcard 26歳〜30歳の人が利用可

www.railcard.co.uk

 

いろんな種類があって面白いですよね!日本と比べて、若者が優遇されている印象です。私たちはもちろんミドサー夫婦なので、悲しいかな年齢制限のあるものは利用できません。。ロンドン郊外でもないので、Two Togethre Railcardを購入することにしました!!というか、それしか選択肢がないのですが。どっちにしろ2人で移動することが多いし、Two Togetherの場合は2人で30ポンド(1人15ポンド)とお得感も満載です⭐︎

購入はインターネットででき、その日からすぐ使用することができます。あ、もちろんスタッフのいる駅窓口でも購入可能です。ただ、顔写真を撮って登録するので、必ず登録した2人で移動することと、スマートフォンやタブレットに保存したTwo Together Railcard、もしくは送付されてきたカードを持ち歩く必要があります。

 

さて、レイルカードもゲットできたし、改めて料金を確認してみると、、、

なんと片道2人で56ポンドだったところが、38ポンドになりました!!電車の時間によって多少料金は前後しますが、オフピーク時移動で一番お安い値段を選びました。往復で76ポンド(約11,000円)なので、2人で36ポンド(5000円)も安く移動できることに!!一回の利用ですでにレイルカード代は戻ってきました⭐︎ これからも利用する機会がたくさんありそうなので、最終的にかなりのセービングができると思うと嬉しいです♪♪ 

 

また、もちろんですが早めに予約(2週間前くらい)すればするほどお得な料金を見つけることができます。時期・時間帯にもよりますが、前もってウォッチしておいてお得に移動したいですね!実はつい先日、ちょうどまたこのレイルカードを使ってロンドンへ行ってきました!今回はとってもお得なヴァージントレインのファーストクラス車両を利用できたのでまた別の記事でレポしたいと思います。