COMING TO BLIGHTY!

ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

意外とシンプル!海外からの確定申告

f:id:uk-iju-osakakko:20190207014846j:plain

昨年、年の途中に退社した我々夫婦。忘れてはいけないのが確定申告です!年末調整をしていないので、税金が戻ってくる可能性があります。日本にいるときはせっせとふるさと納税に勤しんでいたOsakakko。日本国内での確定申告は慣れたものですが、(ふるさと納税に限り) 今回はイギリスからということでちょっと勝手が違いそうです。

 海外移住の際に忘れちゃならない納税管理人の選任

遡ること、日本からドタバタ出国の2日前。インターネットでいろいろと調べた結果、出国前に今後の税金の手続きを代理でしてもらう個人または法人を選び申請しておかないといけない!という情報を入手したOsakakko。

なんだかよくわからないが念のためしておこうと思い、殴り書きで?いそいで書類を用意し、印鑑もポポンと押し、出国するまで居住していたエリアの税務署に送りつけておきました。そしてその後放置!

雑な事務作業でしたが、色々な情報によると、必ず!出国前にしなければならないということだったので、一旦安心です。万が一、出国前の申請を忘れてしまった場合、後追い申請ができるようなのですが、ネットではなかなかその方法が見つかりませんでした。管轄の税務署に電話で相談することをオススメします!

 

こちら、国税庁のサイト↓↓

www.nta.go.jp

サイト内に、納税管理人の届出書と書き方もも載っているので親切です。

私もまるまる使わせていただきました〜

 

確定申告書類は国税庁のサイトでラクラク作成

 さて、今年の確定申告の提出期間は2月16日〜3月15日です。って毎年一緒か。そろそろ作成して日本の実家に一旦送り、管轄の税務署へ郵送してもらおうと思います。

e-taxと呼ばれる、書類作成後ネット送信する方法もあるのですが、前もって登録が必要らしくなんだか面倒臭そうなので、シンプルに書類だけ国税庁のサイトで作成し、プリントアウトしたものを送付したいと思います。

 

書類作成にあたって準備しておくもの

  • 退職時に受け取った源泉徴収票の原本
  • その他の社会保険の控除通知書 (あれば)
  • 印鑑
  • 日本での納税地で住んでいた住所詳細
  • マイナンバーカードまたは通知書
  • 身分証明書 (パスポートや運転免許証など)

あとは、こちらのサイトから作成していきます!とてもわかりやすく親切なサイトなので、インストラクションに沿って選択・入力していけばよいだけです!↓↓

源泉徴収票や控除証明書などは原本を、マイナンバーや身分証明書はコピーを証明書台紙に貼り付ける必要があります。

www.nta.go.jp

 

 

 作成途中でハテナ?と思ったことを管轄税務署に聞いてみた!

意気揚々と作成し始めたのは良かったのですが、、住所を入力していく段階で手が止まりました。

納税管理人の住所 、以前に住んでいた日本の住所、イギリスの住所。。どれをどこに書けばよいのか。。また、ネットで色々調べていると、納税管理人が申請する場合、納税管理人名義の銀行口座じゃないとダメという情報と、納税者本人の名義で還付金が戻ってきたという情報と両方存在しており、こんがらがってきたので、ここは確実に還付金を手に入れるため、管轄税務署に電話で問い合わせてみました!

 

税務署の担当者に直で確認しクリアになったこと

  • 住所を入力する箇所には、納税地で住んでいた住所と、納税管理人の住所両方を入力すること。パソコンで入力する場合、2段あるのでそれぞれに住所を入力し、プリントアウトしてから手書きで枠と(納税管理人)と追記。
  • 1月1日時点での住所に、イギリスの住所を入力。半角で入れても自動的に全角になってしまうので、できるだけスペースをいれずに。
  • パソコン入力では外国人の長い名前がはいりきらないことがあるため、その場合はプリントアウトしてから手書きで追記。(ミドルネームも忘れずに!)
  • 日本の銀行口座がある場合は、納税者本人名義の口座を指定。
  • 納税管理人へは税務署からの通知が届く。
  • 送付先は、日本で仕事をし、税金を納めていた納税地の税務署が正解!
  • 納税管理人を申請せずに国外に出てしまった場合でも、とにかく確定申告を出してしまうしかない!らしく、上記のように作成し、国内にいる家族の住所も書いて提出したらよいそうです!これに関しては、もしかしたら担当者によるかもしれないので管轄の税務署に要確認です。

 

そんなこんなで、なんとか無事に書類も作成でき、無事に大切な封筒が日本の実家へ向かっておりまーす。そこから、書類の一部を追加してもらい、税務署へ郵送してもらう予定です。 全て書類や押印が揃っていれば、直接税務署へおくっても大丈夫です!ひとまず大切な手続きがひと段落したのでやれやれです〜 ちゃんと還付金が振り込まれますように〜☆