COMING TO BLIGHTY!

ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

パブで過ごす土曜日(飲みたいので徒歩で!)

f:id:uk-iju-osakakko:20190224174049j:plain

イギリスといえば、パブ。パブといえばイギリス。イギリス国民にとっての憩いの場、それがパブです!ここのところポカポカ陽気のイギリス、天気の良さも後押しして、義両親はお庭でガーデニング、Osakakkoは旦那氏と近所のパブまでお散歩に出かけました。

 居心地の良いチェーンパブが急増中

もう13年前なりますが、Osakakkoがイギリスに留学していたころ、パブはその土地のローカルなインディペンデントパブで、規模は小さいけれども、良い意味で綺麗すぎず、味があり、外国人女子だけではなんとなく入りにくいイメージがありました。ちょうど大きなチェーンのパブが周りになかっただけかもしれませんが!

パブでのFoodメニューが充実してき、ガストロパブが主流になってきた流れもあってか、小さなインディペンドパブの経営が困難になってきたとき、ビールを製造しているブリュワリーや、大手パブチェーンがパブを買い取り、経営を続けてきたそうです。

そういうわけで、イギリスには外見や店名は全く違うパブでも、入ってみるとメニューが全く同じ!ということがよくあります。

もちろん、よーく看板を見るとチェーンであることがわかるんですけどね。

人によっては、チェーンパブは邪道だー!と思っている人もいて、その気持ちもわからなくはないですが、チェーンにはチェーンの良さがあります。

メニューがー統一されているので、フード&ドリンクのクオリティーにバラツキがない、店内&お手洗いもキレイ、サービスクオリティーも高め、ケーブルTVが見れる大きなスクリーンが設置されていることが多い、ファミリー&キッズフレンドリーで、パブで喧嘩が勃発することはない!などなどです。

 

前置きが長くなりましたが、、我が家から唯一徒歩で行ける居心地の良いパブが、このチェーンパブなのです!車で行くと、運転手が飲めない!ので、お天気が良ければ散歩がてらパブまで行って、ウォーキングのご褒美に1パイントビール飲んじゃう。こんなことしてたら健康とは程遠い〜。涙

家を出てからパブまでの道のり。↓

f:id:uk-iju-osakakko:20190224201500j:plain

f:id:uk-iju-osakakko:20190224202413j:plain

 住宅街を抜けると所々に田舎道や草むらが広がっていてトレッキング気分です。足元が悪いこともあるので、お散歩用の長靴で出かけるのが正解◎ 写真撮ってませんが、昨年のブラックフライデーセールでゲットしたHunterブーツ愛用です♡

 

f:id:uk-iju-osakakko:20190224202910j:plain

近道の?草むらを通ります。犬の散歩コースになってる場合もあるので足元注意です!パブはその先の住宅街を抜けたところにあります。

f:id:uk-iju-osakakko:20190224203132j:plain

歩くこと約20分。やったー到着です!雲ひとつない青空に映えるパブの看板。パブ名はBramley Cottageですが、その下にEMBER INNSという文字が。これがパブチェーンの名前です。

www.emberinns.co.uk

 

f:id:uk-iju-osakakko:20190224203554j:plain

プハーッ!!ひと歩きした後にテラスで飲むビールは格別です!って、20分しか歩いてませんが。。Osakakkoはスッキリラガーが好きなので、PERONIのパイント。旦那氏はイギリスに帰ってきてからはまっているPurityのUBUリアルエール。(以前にAlcester のフードマーケット記事で紹介したビールです。) つまみにはピリピリチキンをオーダーです。 新聞・雑誌読んだり、ネットサーフィンしたり、おしゃべりしたり、太陽を浴びながらおもいおもいに過ごします。こんな何気ない土曜日ですが、昼から外で飲めるって幸せ♡

www.uk-ijuu.com

 

天気が良かったので、なかなかに混み合っていた地元のパブチェーン!人間ウォッチングしていると気づいたのが、私たちのようにみんなで飲みたい地元っこは歩きで来ていました!ほかにもグループでタクシーに乗り合わせてきていたり、そりゃそうですよねー運転手だけ飲めないって可哀想ですから。

あっ、でもイギリスでは、というかヨーロッパでは?日本よりも飲酒運転の基準がゆるいのです!運転手でもビールやワイン一杯くらいは飲んで良いそう!って、ほんまかいなっ!?と疑いたくなりますが。。これから免許の取得も考えているので、ちゃんとした規定を見つけたら引用したいと思います☆