COMING TO BLIGHTY!

ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

イギリスカントリーサイドのマナーハウスへ行ってきた!

f:id:uk-iju-osakakko:20190616173121j:plain

なんと!!約6ヶ月もブログを放置していました。。Osakakkoです。色々と忙しくて、、ゆっくりブログを書く時間が取れず。。って、怠惰なだけなんですが。そんな間にも、配偶者ビザページを中心に見にきてくれている方がいるみたいで、ありがとうございます!忙しさにかまけず、ちょっとずつでも最新のイギリスの様子を書こうかなと改めて思っています☆ もう随分前ですが、、わたくしのミドサーど真ん中BDをお祝いするため、ストラトフォード・アポン・エイヴォンから程近いマナーハウスへ2泊してきました!本当にリラックスできて素晴らしいホテルだったのでご紹介します♩

 ミニダウントンアビー!?に泊まるリラックスウィークエンド

ステキなお宿に泊まって、美味しい食事とお酒、スパでゆったり。。

これって、世界共通だなーっとイギリスにて再確認しております。

日本でいう旅館が、イギリスでいうところのマナーハウスなのです。きっと。

映画、ブリジットジョーンズ1でもブリジットがダニエル(ヒューグラント)と付き合い出してすぐにマナーハウスへウィークエンドブレイクに行ってましたよね!

週末のちょっとした贅沢&ご褒美として、カントリーハウスに行くのがイギリス流のようです。

 

また、日本の温泉とは少し違いますが、西洋ではスパがその代わり。温水プールにスチームサウナとドライサウナが大好き。もちろん水着着用なので、カップルや家族みんなで楽しめます。余裕があれば、フェイシャルやボディマッサージもいいですね。スパ施設が整っているお宿だと、もうホテルに引きこもって楽しみたいところです。

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、今回訪れたのはEttington Parkというホテル。レストランの口コミもよく、小さいながらプールとサウナもあり!(スパトリートメントはなし) また広大な敷地でお散歩やピクニックもできる上に、このダウントンアビーを彷彿とさせる外観♡に心踊り、予約に至りました。しかも各日、食前酒としてシャンパン1杯サービス!BDにはもってこいのオファーです!

 

そんなステキオファーはこちらのサイトで発見しました!↓↓

色々調べて、1番お得でした〜 予約する日にちや滞在日数にもよると思いますが。

 

www.cotswoldhotelbreaks.com

 

夕食はドレスアップがマスト!それも楽しみのひとつ

 

金曜日にお休みを取って、木曜日の仕事終わりに駆けつけたのですが、(どっちにしろチェックインは15時からなので) 気温は低くとも晴天に迎えられ、さっそくお外でジントニックをいただきました!カクテルにはちょっと早かった?のか、メインのバーテンダーがおらず、、ウェイタースタッフが作ってくれたみたい。(後からわかったんですけどね。) でもジントニックは簡単なカクテルなので美味しかったです!旦那氏はマティーニ頼んだら、配分がへんだったみたいで。。笑 マティーニとちゃう。。と言ってました。ちゃんとしたカクテルは、バーテンダーがいるときに頼むべしです!

f:id:uk-iju-osakakko:20190616190232j:plain

 晴天ですがさすがにヒヤッとしています〜 ちなみにこれ4月です

 

夕食付きの宿泊プランだったため、チェックインの時に夕食の時間を伝えましたが、 かなり満席の様子だったので、前もって電話かメールで予約をしておくのが良さそうでした。遅めスタートの20:30をチョイス。レストランに案内される前に食前酒を別部屋で頂く流れのようで、15ー20分前にはラウンジに来てくださいとのこと。このゆったり感、いいです!

 

重厚感あるラウンジはこちら〜 まだ明るいうちに撮ったものです♩

f:id:uk-iju-osakakko:20190929160159j:plain

 ラウンジと書きましたが、英語で、とくにイギリスではこういうお部屋のことをDrawing Roomと言います。16〜18世紀にイギリスで使われていた Withdrawing Room からWithが取れて Drawing Room になったそうです。そもそも、Withdrawing とは、その名の通り、引き下がるとか撤退するという意味。食事の後に、少しの休憩のために引きさがることのできる空間それがDrawing Roomだそうです。面白いですよね〜!こんなゴージャスなDrawing Roomで食前酒を楽しむ、ドレスアップしたゲストを見ていると、日常とは違う特別感にこちらもテンション上がります☆

ちょっとしたワンピースとヒールはマストですね!

 

さて、そのDrawing Roomでシャンパンを頂いている間に、メニューに目を通し、ここでオーダーを済ませます。ちなみに夕食付きプランでは一人当たり35ポンドのバウチャーが宿泊料金に含まれていますので、35ポンドを超えた分のみお支払いします。飲み物代はバウチャーに含まれてませんので、要注意です!

 メニューですが、お肉からお魚、ベジタリアンまで網羅した本格的でバランスの良いメニュー。ラム肉も好きだし、鴨肉もいいなーとほんと迷いましたー。。最終的には、前菜にタコ、メインに鴨肉をチョイスした、と思います!もう記憶が曖昧ですが。。そして肝心のお味ですが、タコがちょっっと塩味強めだったことを除けば、めちゃめちゃ美味しかったです!!ハイレボー!!ブラボー!だれやーイギリスは料理まずいとか言ってる輩はー!?といいたくなるくらい。デザートまでいきたかったのですが、もうお腹いっぱいすぎて断念。

美味しいお酒と食事をいただいて、あとはステキなお部屋ですぐ寝れちゃう。いやー贅沢です☆

 

f:id:uk-iju-osakakko:20190929174609j:plain

こちらは前菜の前に出てきた、アミューズブーシュ。トマトスープだったかな?ちょっとしたサービスが嬉しい♩

 

f:id:uk-iju-osakakko:20190929174951j:plain

ほんのちょっっっと塩味強目だったタコの前菜。関西人は薄味好きなので、、ピッキーでごめんなさいーでも美味しかった!

 

f:id:uk-iju-osakakko:20190929175316j:plain

メインの鴨肉、柔らかくて美味でした!ボリュームもすごくてもうお腹いっぱい。

 

同じ日の夕方まで職場にいたことをすっかり忘れさせてくれる異空間と美味しい食事&ワインにほんとーに癒されました♡ 現実逃避大切だわ〜

翌日はプール&サウナ、アフタヌーンティーも堪能したので、続編でご紹介します。

 

ちなみに、ちょうど今ラグビーワールドカップテレビ観戦中!日本の平穏さがテレビから伝わってきて微笑ましいです!イギリスのメディアも日本のキレイさ、礼儀正しさを賞賛しています☆