COMING TO BLIGHTY!

ミドサー日本人妻のイギリス移住ブログ

コロナ第二波本格化のイギリスでルール変更(10th SEP, 2020)

f:id:uk-iju-osakakko:20200910194944j:plain

8月の頭に”コロナ第二波の予感”という記事を書いてから約1ヶ月。ヨーロッパ各国で広がってきていたコロナ第二波を横目に、何とか持ちこたえていたイギリスですが、ここ数日で感染者が急増しています。ロックダウン緩和から約2ヶ月たった今、そのルールが、来週の月曜日より少し厳しく変更されます。。はぁ。このエンドレスコロナな状況、いつまで続くのやら。。

 若者を中心にコロナ感染拡大中のイギリス

世界中どこも似たような状況ではありますが、イギリスでもロックダウン緩和後、若者を中心にコロナ感染が広がってきています

 

前回、”イギリスロックダウン緩和からのコロナ第二波の予感”を書いた8月頭の時点ですでにソーシャルディスタンスを守らず遊びまわる若者の姿がニュースで取り上げられていたので、さすがにこうなるのも時間の問題、、だと思っていました。。

 

www.uk-ijuu.com

 

ヨーロッパ各国、特にスペインとフランスでコロナ第二波による新規感染者が急増していた8月真っ只中、イギリスでは毎日新規感染者数、800〜1200人前後を行ったり来たりしており、(日本と比べるとかなり多いですけどね!)どちらかというと停滞傾向にありました。

 

しかし!9月に入ってその数は一気に増え、9月6日には爆発的とも言える、2988人もの感染が判明。その後、今日に至るまで毎日2000人越えをキープしてしまっています。

 

 

f:id:uk-iju-osakakko:20200910204326j:plain

         Worldometer: Coronavirus/World/Countries/United Kingdom より引用

 

 

というのも、イギリスではちょうどこの9月から新学年スタートに合わせて(早い学校では8月の末から!)、学校での授業を再開していて、社会人に対しては、あれだけリモートワークを推奨していたロックダウン時とは打って変わって、可能な限りオフィスへ戻るよう要請しています。

 

イギリス政府ができる限りオフィスへ戻るよう要請している理由は、都市部のゴーストタウン化を避けるため。イギリスのように、一度きついロックダウンをしてしまうと、一定期間だとしても都市部に人が寄り付かなくなってしまい、経済回復がなかなか進まないという事態を招いてしまう。

 

特にイギリスでは、ロックダウン中、そもそも日本ほど整備が整っていない公共交通機関の利用者が激減したことにより、その存続が危ぶまれていて、すでに廃止になってしまったバス路線もあるとか。。

 

強烈なロックダウンで受けたダメージは思いの外深く、リモートワークを定着させつつ、経済の回復を図るのには、まだまだ課題が山積みで、時間がかかりそうです。

  

メガネ付きフェイスシールド

 

 

 

9月14日(月)から実施されるイングランドでのコロナルール

首相官邸から、ルール変更の発表があったのはちょうど昨日の水曜日のこと。

さすがに、4日連続で感染者数が2000人を超えたとあって、すぐにルール変更に至ったようです。同じUKでも、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドではルールが少しづつ異なるので、要注意。下記ルールはOsakakkoの住むイングランドのものです。

 

9月14日(月)から実施になる新しいルールはこちら!

  •  集まって良い人数の上限を6人までとする
  •  このルールは14日から法律化し、ルール違反者に対しては100ポンドの罰金が発生。その罰金を踏み倒すような場合は倍の罰金となる。罰金の上限は3,200ポンド)
  •  人と人の間には1m以上の間隔をあけること(できれば2mが望ましい)
  •  この新しいルールの対象となる場所は、自宅、屋内、屋外、パブ、レストラン、カフェに、公共の屋外スペース
  •  全ての年齢の人が対象

 

www.bbc.co.uk

 

6人以上集まっても良い例外について...これが結構あります

  •  一緒に住む世帯が6人以上の場合
  •  同じサポートバブル内の場合(一人暮らしの大人、またはシングルマザー・ファザーで18歳以下の子供と住んでいる場合は、サポートバブルとして他の1世帯を決めることができる)
  •  離婚した夫婦間を子供が行き来しなければならない場合
  •  仕事、ボランティア、チャリティーへの参加
  •  教育、トレーニング、登録されたチャイルドケア、学校前後のクラブ活動
  •  裁判所や陪審員としての義務を果たさねばならない場合
  •  緊急事態のアシスタントや弱者へのサポートが必要な場合
  •  自身や他人にとって病気、怪我、危害を避けるために必要な場合
  •  お葬式の参列者(30人まで)
  •  結婚式やシビルパートナーシップのセレモニーと披露宴、または他の宗教的セレモニー(30人まで)

 

などなど。。。例外はもっとあるのですが、気になる方は政府のウェブサイトをご覧ください↓↓↓

www.gov.uk

 

ロックダウン緩和後、6人以上で集まったのは、義兄ファミリーが夏休みにうちに泊まりにきた時くらい。義兄ファミリーは5人家族なので、2世帯で集まってトータル9人に。

 

新しいルール下では、完全にタブーですね。

家族であっても、しばらくはこのような集まりは禁止です。

 

甥っ子・姪っ子が夏休みの間にこの措置が取られなくてよかった〜

さすがに、ロックダウンからずっと缶詰めだと子供ちゃん達の精神が心配なので。大人もね。

 

今までもかなり警戒心を持って生活してきた我が家としては、ひとまず通常の生活に支障はでなさそうですが、どれくらいの国民が新しいルールを守って、同じように進撃に取り組んでくれるかがカギ。

 

第二波の山のサイズは、イギリスに住む一人一人の行動にかかっています。

 

 

メガネ付きフェイスシールド